balien
イスラエルにとって本当に必要なもの
教会と“神の御国”の関係
2つの解釈学、2つのストーリーライン
「神の御国」がテーマのMike Vlachの新著"He Will Reign Forever"が出版されました
ヨハネの手紙第一 覚書き(12)2章3–4節
ヨハネの手紙第一 覚書き(11)2章1–2節
遠藤周作の『沈黙』について:ある遠藤マニアのクリスチャンからの視点
聖書の「無誤性」論争をゆる〜く考える
ヨハネの手紙第一 覚書き(10)1章8–10節
「聖書信仰」を考える(後編)
「聖書信仰」を考える(前編)
ヨハネの手紙第一 覚書き(9)1章5–7節
ヨハネの手紙第一 覚書き(8)補足:「いのちのことば」の意味について(その3)
ヨハネの手紙第一 覚書き(7)補足:「いのちのことば」の意味について(その2)
ヨハネの手紙第一 覚書き(6)補足:「いのちのことば」の意味について(その1)
ヨハネの手紙第一 覚書き(5)1章3–4節
ヨハネの手紙第一 覚書き(4)1章1–2節
ヨハネの手紙第一 覚書き(3)手紙の主題と構成
ヨハネの手紙第一 覚書き(2)手紙の背景について
ヨハネの手紙第一 覚書き(1)手紙の著者について
聖書における「イスラエル」の意味(7)ローマ人への手紙11:26について:その2
聖書における「イスラエル」の意味(6)ローマ人への手紙11:26について:その1
聖書における「イスラエル」の意味(5)ローマ人への手紙9:6について
聖書における「イスラエル」の意味(4)新約聖書での「イスラエル」の登場箇所
聖書における「イスラエル」の意味(3)
聖書における「イスラエル」の意味(2)
聖書における「イスラエル」の意味(1)
旧約聖書の「意味」は新約聖書の啓示によって変更されたのか?(補足その2)
2016年フルクテンバウム博士セミナーを受講して
旧約聖書の「意味」は新約聖書の啓示によって変更されたのか?(補足その1)